男らしい6つに割れた腹筋の鍛え方は?

男らしい6つに割れた腹筋の鍛え方について
紹介しています!

 

 

男として生まれたからには、誰でも男らしい
6つに割れた腹筋を手に入れたいものです。

 

 

ぶよぶよの脂肪ばかりの腹筋では、
女性は男として見てはくれません。

 

 

男らしい6つに割れた腹筋を目指し、
やみくもに腹筋運動する鍛え方をしている方が
おられます。

 

 

しかしその鍛え方では、男らしい割れた
腹筋を手に入れる事は困難です。

 

 

【おすすめ記事:腹筋を割るサプリ】

 

 

腹筋は誰でも割れているのですが、それを
割れて見せないようにするのが、お腹周りの
脂肪です。

 

 

6つに割れた腹筋にする為には、筋肉を
鍛える作業と脂肪を落とす作業を同時進行
しなければなりません。

 

 

まず効果的に脂肪を落とす方法についてですが、
全身の筋力強化を行い、基礎代謝を上げる
方法と食事制限があります。

 

 

腹筋だけでなく、大胸筋や広背筋、
大腿四頭筋など、比較的大きな筋肉を
鍛えると基礎代謝量が上がりやすくなります。

 

 

食事制限については、極端に食べない
方法では筋肉が落ちてしまい逆効果に
なります。

 

 

糖質をある程度制限しつつ、タンパク質が
沢山取れるような食事メニューにする事が
重要です。

 

 

タンパク質は食事からは取りにくい為、
サプリメントなどを利用すれば効率よく
摂取する事が出来ます。

 

 

ある程度、筋肉が付き、基礎代謝量が
上がって来たら、有酸素運動を併用すると、
より脂肪が燃えやすくなります。

 

 

次に腹筋の鍛え方についてですが、
一般的に行われるクランチ運動では、
十分に腹筋を鍛える事が出来ません。

 

 

腹筋には腹直筋と腹斜筋に分けられ、
直線の運動だけでは腹直筋しか鍛える
事が出来ません。

 

 

腹斜筋を同時進行で鍛えないと、
筋肉のバランスが不均衡になり、綺麗な
腹筋にはなりません。

 

 

腹斜筋の鍛え方には、体を横に倒す運動と、
捻る運動を組み入れて行く必要があります。

 

 

具体的な鍛え方としては、横に倒す運動は、
サイドベントという方法があります。

 

 

立った状態で、片手にダンベルを持ち、
反対の手は頭に添えた状態で体幹を
少しダンベルを持った手の方に傾けます。

 

 

その状態から、ダンベルを持たない手の方は
体を傾けて行きます。

 

 

1set10回を3set程度行うと効果的です。

 

 

捻る運動はクランチ運動で行います。

 

 

効果的な鍛え方は、直線の動きに身体の
捻りを組み合わる事で、腹直筋と腹斜筋を
バランスよく鍛える事が出来ます。

 

 

食事制限と筋トレを重点的に行え事で、
男らしいかっこいい腹筋を手に入れる事が
可能です。

 

 

最後に腹筋の鍛え方として一番重要な事は、
長く継続させる事です。

 

 

男らしい割れた腹筋は1日にして成らずです。

 

 

挫折しそうになる事もあるかもしれませんが、
少しずつでもいいので筋トレと食事制限を
継続し、生活習慣にして行く事が大切です。