女性がモリモリと腹筋を割る方法とは?

女性がモリモリと腹筋を割るためには
どういった方法を活用したらいいのでしょうか?

 

 

女性が腹筋を割るのは、男性よりも
圧倒的に難しいです。

 

 

女性は男性よりも体脂肪が多く、
赤ちゃんを産む事から遅筋という継続的な
運動に向いている筋肉の量が多いので
太い筋肉が付きにくい体だからです。

 

 

なので、女性が腹筋を割る方法を考えると
ハードなトレーニングになってしまいます。

 

 

しかし、それでも腹筋を割りたいのなら
方法はありますのでお教えします。

 

 

実は、女性でも腹筋はもともと
割れているものなのです。

 

 

それが、割れて見えるか見えないかの
差でしかありません。

 

 

皮下脂肪が厚いと腹筋が隠れてしまうので、
皮下脂肪を減らす方法を取ることがとても
大切です。

 

 

女性が皮下脂肪を減らす方法は、
有酸素運動です。

 

 

有酸素運動は、ウォーキングや水泳、
エアロバイクなどの運動です。

 

 

ウォーキングの場合、20分以下だと皮下脂肪を
燃焼することは出来ないと言われています。

 

 

皮下脂肪を減らして奥にある腹筋を
見えるようにするなら、30分以上の
ウォーキングが必要になります。

 

 

水泳の場合も皮下脂肪を減らすなら、
30分以上泳ぎ続けることが必要です。

 

 

エアロバイクの場合は、完全に室内で
出来るので天候に左右されないメリットが
あります。

 

 

エアロバイクは、ゆっくりとしたペースで
40分以上漕ぐのがおすすめです。

 

 

女性が腹筋を割るためには、
食事制限が重要です。

 

 

タンパク質を取る事と糖質制限をする方法が
腹筋を割るには必要です。

 

 

鶏のささみや卵、豆腐などはタンパク質の
多い食品になりますのでこれらを毎日
摂り入れるようにして下さい。

 

 

炭水化物やイモ類などは糖質が多いので、
全く食べるなとは言いませんが女性が
腹筋を割るには抑えた方が良いです。

 

 

体脂肪や皮下脂肪が落ちてきたら、
筋トレを開始します。

 

 

バイシクルクランチというお腹の正面の
筋肉と脇腹に筋肉を鍛える方法です。

 

 

やり方は、仰向けになり脚を90度に
曲げて腹筋を使って頭と肩を浮かせます。

 

 

左膝を胸方向に引き付けて右足を
真っすぐ伸ばしたら、脇腹をひねって
右肘と左膝を近づける方法です。

 

 

これを10回×3回を交互で繰り返します。

 

 

腹筋を割るためには、毎日努力をする事が
必要になります。

 

 

女性の場合は男性よりも腹筋を割る事が
難しいので、有酸素運動や筋トレ、
食事制限をしっかりと毎日行うようにして下さい。

 

 

 

 

【PR】
効率よく腹筋を割るために必要な
栄養成分を摂る事ができます!

 

 

↓ ↓ ↓ ↓
効率よく腹筋を割る方法