腹筋を割る方法=体脂肪率を下げること?

腹筋を割る方法は、体脂肪率を
下げることなのでしょうか?

 

 

時々テレビや電車の広告等で見かけますが、
8つに割れた腹筋をアピールしている写真の様に
自分の腹筋の割る方法はないか、と考えている
男性は多いのではないでしょうか。

 

 

私も同じように考えていました。

 

 

特に私の場合、大学生のときはテニスをしており、
やせマッチョ体型で腹筋も8つに割れていた
(社会人になって完全にぽっちゃりになってしまいましたが)ので、
元に戻るために腹筋を割る方法はないか、と考えていました。

 

 

なお、健康診断で体脂肪率が25%ごろから
危機感を感じていました。

 

 

腹筋を割る方法とは、筋肉をつける+体脂肪率低下、
と考えられますので、ダイエット(食事制限)を
するだけでは効果がなく、筋トレするだけでは
体脂肪率は改善されません。

 

 

そこで必要なのが、腹持ちのいい食材と
消費カロリーの高い運動(筋肉がつく運動)です。

 

 

ただ、腹筋を割るためには筋肉はそこまで
必要がないため、ある程度自分の好みで
調整(時間や量)できます。

 

 

腹持ちのいい食材としてお勧めなのは
豆腐ですね。

 

 

豆腐については鍋やマーボー豆腐等
バリエーションもありあきにくく、栄養バランスが
よいことも理由になります。

 

 

ご飯を豆腐に替えるだけでずいぶん
カロリーが抑えられます。

 

 

ご飯や油もの、お菓子を抑えて、炭水化物を
別の食材に置き換えましょう。それだけでも
体脂肪率は下がってくると思います。

 

 

あと、飲み物はカロリーが高いものもあるため、
私はダイエット中、お茶とお水を主に
飲んでいました。

 

 

ジュースで摂取したカロリーを後述する
運動で消費すると考えるのは大変です。

 

 

運動ですが、腹筋を割る方法としては
以外かもしれませんが、基本的には30分以上の
ランニングが効果的でした。

 

 

特に結構汗が流れ、息が切れる程度の
ペースが必要だと考えています。

 

 

というよりも、ランニングをしているだけで
体脂肪率は下がっていきます。

 

 

特に1時間以上ランニングした日は
それだけでも体脂肪率が0.5%下がることも
ありました。

 

 

私の場合は腹筋を使う筋トレとして、
お風呂上りにストレッチの一環で寝そべった
状態から足を伸ばし、地面から離して
上げ下げする運動もしていました。

 

 

腹筋を割る方法には直接関係なさそうですが、
ストレッチすることで血行がよくなり、基礎代謝が
向上します。

 

 

無理に腹筋を割る方法にこだわらなくても、
体脂肪率は下がり、腹筋が自動的に
割れるようになります。

 

 

運動すればするほど効果がでますが、
継続しないと意味がないため、無理せず
続けられるペースを意識して腹筋を割る方法を
見つけ、自分だけの腹筋を割る方法で
頑張ることが重要だと思います。

 

 

そして、筋肉を効率よくつける事ができる
サプリメントを服用するのもおすすめです。

 

 

↓ ↓ ↓ ↓
【筋力アップのサプリランキングはコチラ】