腹筋で下っ腹を!どんな筋トレがおすすめ?

腹筋で下っ腹を!どんな筋トレがおすすめ
なのでしょうか?

 

 

綺麗に割れた腹筋とは、男性であれば
誰でも一度は憧れるものです。

 

 

若いころはスリムでかっこよかった男性でも、
仕事で忙しくなると運動をする機会が減り、
気が付いたら下っ腹が出たおじさんボディに
なってしまっているものです。

 

 

そんな方が綺麗に割れた腹筋を手に入れるために
大切なことは、大きく二つあります。

 

 

一つ目は「筋トレ、特に腹筋を継続すること」
二つ目が「ジョギング等の有酸素運動を継続すること」です。

 

 

詳しく見ていこうと思います。

 

 

一つ目ですが、これはわかりやすいかと思います。

 

 

割れた腹筋を作るには、もちろん腹筋を
鍛えなければなりません。

 

 

そのために筋トレをする必要があるわけですが、
ただ一度やればいいだけということではなく、
定期的に続けなければなりません。

 

 

しかし、三日坊主でやめてしまう筋トレ初心者の方が
本当に多いのが現状です。

 

 

どうしても面倒になってしまって続かないんですよね。
ですがそれでは意味がありません。

 

 

ここで、継続して筋トレを続けるコツを伝授します。
「どれだけ短い時間でもいいので、毎日必ず
筋トレをすること」です。

 

 

短い時間ということですが、腹筋十回でも五回でも、
たった一回でもいいので、とにかく毎日行うが、
継続して筋トレを行えるコツです。

 

 

変な義務感で自分を縛り付けずに、今日は
しんどいから一回だけでいいや、今日は気分が
いいからできるところまでやろう、といったように、
その日の気分に合わせて筋トレを行えるので、
苦にならず楽しく筋トレを行うことができます。

 

 

そうして継続していけば、次第に効果が
出てきて腹筋をこなせる回数も増えてきますので、
割れた腹筋を手に入れるベースを身に
付けることができるのです。

 

 

次に二つ目の「ジョギング等の有酸素運動を
継続すること」について、一見腹筋とは
関係ないように思えますが、実は非常に
重要なことなんです。

 

 

割れた腹筋を手に入れる上で、下っ腹の
お肉を取ることが必須になります。

 

 

その下っ腹のお肉を取るには、有酸素運動が
効果的であります。

 

 

そもそも腹筋とは無酸素運動であり、
無酸素運動には脂肪を燃焼する
効果はありません。

 

 

つまり、負荷をかけた部位に筋力はつきますが、
その部位の脂肪は落ちませんので、腹筋では
下っ腹のお肉を燃焼することができないのです。

 

 

ですので、腹筋等の筋トレを継続することと
同時に、ジョギング等の有酸素運動を
継続しなければならないのです。

 

 

これを継続するためのコツですが、大きくは
筋トレの継続方法と一緒です。

 

 

軽くでも構いませんので、週に
数回必ず行うことです。

 

 

最初から飛ばし過ぎると、しんどくなってしまって
億劫になり、すぐにやめてしまうことに
繋がりますので、とにかく辛くない範囲で
行うことが重要です。

 

 

しんどい時は手を抜いてでも継続さえ
していれば、そのうち調子の良い日がきて
ぐんと頑張れたりするものです。

 

 

それを少しでも継続できれば、始めたては
すぐに効果が現れますので、下っ腹の
お肉が減ったことを実感できます。

 

 

そうやって下っ腹がへこむ成功体験を
楽しめるようになれれば、後はコツを守りながら
趣味程度に楽しみ続けることで、下っ腹は
しっかりとへこんでくれます。

 

 

結局、いかに筋トレや有酸素運動を
継続するか、これがキーポイントです。

 

 

もちろん食べ物や生活習慣を見直すことも
必要になってくるかと思いますが、上記を
しっかりと行えていれば多少の不摂生は
カバーできます。

 

 

是非、まずは運動を行う習慣を身に
付けて頂いて、そして楽しい筋トレライフを
過ごして、理想的な体を手に入れてくださいね。